一年間働かずに時間とお金をかけて人生のファスティング

SPONSORED LINK


こんにちは、Osabe夫婦の夫のちょーさんです。

仕事を再開して、約5ヶ月が経ちました。

昨年一年間のことを忘れない内に備忘録として書いておこうと思います。

昨年自主的に夫婦二人で会社を辞めました。

妻は新卒から17年働いた会社を、僕は1回目の転職先の会社を11年在籍して退職。

先日受けたインタビューで、二人で辞めるのは怖くなかったのですかと聞かれたのですが、二人だったので怖くなかったです。

もちろん不安はありました。

お金の不安、今後どういう風に仕事をして行きていけば良いのかとか。

私たち夫婦は、ほぼ一年間毎日一緒にいました。

朝ごはんを食べて、お散歩をして、それぞれ自分の時間を過ごしたり、一緒に色々なことを話したり、旅行に行ったり、島暮らしをしたりと色々な体験をしました。

私たちは結婚2年目にして、二人とも会社を離れ毎日一緒にいて、きっと定年後仕事を離れたらこういう暮らしなんだろうなというのを先取りしたんだなあと先日ふと思いました。

結婚2年目でこんなにも自分のパートナーと向き合い過ごす時間ってなかなか無いんじゃないかなと思うと、この時間は改めて、私たち二人の財産だなと思いました。

二人で「もやもや」を感じました。
二人で「お金の不安」を感じました。
二人で「生き方・暮らし方」を沢山話し合いました
二人で「今後の仕事をどうしようか」と沢山話しました
二人で「今後こういう家に暮らせたら面白ね」と沢山はなしました

この一年間、本当いろいろなことを話しました。すごく貴重な時間でした。

そして、この間ふと妻と話していて思ったんです。

人間って生まれてから学校通って、社会人になってと、このプロセスで、毎日多くのもを「得る」ということにすごく時間を費やします。

それと反対に自分の身から、そぎ落とす、失うというのは多くの時間とお金をかけて意識的に作らないと出来ないんじゃないかなと。

ダイエットやファスティングって、意図して時間を作って、お金を使わないと出来ないですよね。

我々は自分の貯蓄全てと一年間という時間を使って、仕事をせず、今まで身につけた価値観や考え方というのを見つめ直し、そしてそぎ落とす「人生のファスティング」をしていたんだなあと。

持っているお金と時間を全て使って「人生のファスティング」

僕はすべてのお金を使って最終的に貯金が297円になりましたが、全く後悔していません。

今まで持っているものを一度手放して捨てたから、新たな素敵な出会いも体験も出来たし。

やっぱりまずは出すことが大事なのかもしれませんねー

なんだか人生がうまく回らないなと思ったら、とりあえず休む。今まで身についたものを削ぎ落とす。

「人生のファスティング」をすると、うまく人生が回りだすかもしれません。

僕もまた何年後かに「人生のファスティング」をしているかもしれません(笑)

 

 


SPONSORED LINK

ABOUTこの記事をかいた人

職業はシステムエンジニア ニックネームは、「ちょーさん」 2016年8月に約11年間勤めた会社を辞めて、ただいま無職生活満喫中。 新しい働き方と生き方を模索中の海が大好きなエンジニア。 最近の好きな言葉は「決めた未来しか実現しない」と「不安と友達になる」