結婚は自由がない?わたしは結婚してとっても自由になりましたよ

SPONSORED LINK


こんにちは。Osabe夫婦、妻のあいです。

 

1月20日はわたしの42回目の誕生日。

京都の大好きなホテルで迎えました。

「あいちゃんの誕生日を京都で過ごそう!」と夫のちょーさんが提案してくれたのです。

やったーーーーーー!!

記念日サプライズとか大掛かりなことは苦手なちょーさん。

でも、いつもこうして楽しくてすばらしい提案をしてくれます。

ありがとうね〜^^

 

 

結婚するまで、わたしは結婚て不自由になることだと思ってました。

「結婚するメリットって何?」て常に疑問。

だって結婚して幸せそうにしている人があまりに少なかったから。

飲めばみんなパートナーの悪口ばかり。

テレビも雑誌もそんなネタが多かった。

・・・・ような気がしてたんですよね。

たぶん自分がそう思っていたから、結婚なんてするもんじゃないっていう人の言葉ばかり拾っちゃってたのかもしれません。

でも、ちょーさんと知り合った2013年頃から、夫婦とても仲が良い人たちが周りに増えてきました。

夫婦で仕事やなにか活動している人も多くなって。

「ああ、夫婦っていいな。パートナーがいるっていいな。こんな形なら結婚もいいな。」と肯定的に結婚を捉え始めたら、ますます素敵なカップルが周りに増えてきて。

そして「わたしもこんな風にパートナーと歩んでいきたいな」と思えるようになったんです。

きっと元から仲良しカップルはたくさんいたんでしょうね。

見えてなかっただけで。

 

 

ちょーさんとよく二人で話すのは「結婚してよかったね〜」ということ。

二人だからこそできることが増えたからです。

会社を辞めて島暮らしを体験しました。

ブログを始めていろんなつながりができました。

かっこ悪い自分もさらけ出せるようになって、生きるのが楽になりました。

こうしていつかやりたいなと思っていたことがいつのまにか実現してるようになりました!

できないと思っていたこと、こわくて一人じゃ踏み出せなかったことができるようになったんです。

結婚したから、というか『二人だから』いろんな事がチャレンジできるようになったんですよね。

一緒にやれる、かならず味方でいてくれる。

この安心感があるから怖くても踏み出せる。

だからとっても自由になりました。

 

ひとりの方が身軽でなんでもできちゃうタイプの人は、きっと二人だと息苦しく感じちゃうのかもしれないですよね。

一方で、「一人が好き。二人は面倒だ」と長年思い込んでいたわたしは、一人だとむしろずっと足踏み状態でした。

ちょーさんと一緒になったことで人生の扉がすごい勢いで次々と開いた感覚です。

なんでもできる気がしちゃうんですよね〜

人には適している環境がそれぞれある。

今のわたしには、ちょーさんと二人で歩むことがとても合っているんだと思います。

 

 

会社を二人でいっぺんにやめて、1年以上働かずにふらふらして、お金が底をつく経験もして、今また好きな仕事をして。

こうしてちょくちょく二人で旅ができて。

こんな結婚生活ができるなんて数年前のわたしには想像すらできなかったな。

そんな夫婦の形があるとも知らなかった。

いまは、こう思います。

どんな形でもいい。

だれかの形にはまらなくていいし、欲しい形は自分たちで作ればいい。

100カップルいれば100通りの形がありますもんね。

「結婚したら自由がなくなる」と思っていたらたぶんそうなるし、「自由になる」と思ったらたぶんそうなる。

全部自分で作れるんじゃないかな〜

Osabe夫婦もこれからどんな形に変化していくのか楽しみです^^

 

 

今朝目が覚めて、まだお互い寝ぼけ眼のときにちょーさんが言ってくれました。

こうた
あいちゃん、お誕生日おめでとう。これからもずっと仲良くいようね

ちょーさん、ありがとう。

こちらこそよろしくね〜

ゆるりとわたしたちのペースで心地よく生きていこうね。


SPONSORED LINK