【加計呂麻島プチ移住】加計呂麻島大好き。でも東京も好き。いいとこ取りがしたいのです。

SPONSORED LINK


2016年も残りわずかになりました。

こんにちは。妻のあいです。

退職してから忘年会に誘われることもなく年賀状も書かないので毎日ヒマなOsabe夫婦。

毎朝ごはんの後こんな感じです。

散歩もよくしています。

東京でとてもゆったりな年末を過ごしております。

17年間のサラリーマン時代は年末年始もれなくモーレツに仕事(デパート初売り)をしていたので今年のこの焦らない感じが幸せでたまりません。

さてさて、加計呂麻島から帰ってきて何をしていたのかを書いていきましょうかね。

12月3日に東京に戻ってきてから私は溜まりに溜まった友人たちとの約束を果たす日々。

久々に夫ちょーさんと別行動。

島で飢えていた『カフェ』に行きまくり、

ケーキを食べ、コーヒーを飲みまくり、

オシャレをして洋服を見まくり、

スタイリングのお仕事したり、

行きたいイベントに行ったり。

もうワクワク!

行きたいところにサッと行けて、食べたいものがサクッと食べられる。

大都会東京を満喫。

あああ、東京ってかわいい子だらけ♡素敵なものだらけ♡

目の保養になるわ♡

なんか気分が上がるわ♡

こんなこと、18年住んでいて全然感じたことなかったから新鮮!

服や人に囲まれて仕事していたから、むしろ仕事を辞める前後なんかは物も人が多すぎてうんざりで息苦しくて頭痛くなってもうやだー!ってなっていたのに。

面白いものですね。

島も好き。

↑これなんの加工もなく日本ですからね!

あの広い空と誰もいないビーチ、綺麗な海。

最高。

何度でも行きたい。

でも、旅ではなく今回島で暮らしてみてわかったことはわたしは東京好きなんだ、ということ。

加計呂麻島にいたのはたった50日だったけど最後の方は東京に帰りたくなっちゃったからな。笑

素敵なお店行きたい。あそこのあのメニュー食べたい。カフェラテ飲みたい。

甘い甘いケーキ食べたい。ラーメン食べたい。ポテチ食べたい。ジャンクフード食べたい。

とにかく誰かに作ってもらったごはんが食べたい。

(食い気がすごい。笑)

ずっとそんなこと考えてました。

体にいいものを欲していたのは東京にいるときで、ナチュラルな島にいるときはジャンキーを欲するという不思議。

これは想像していなかった現象。

しかもね、自然に優しい洗剤とか化粧品とか、オーガニック食材、調味料とかって実は東京の方が一番手に入りやすいんじゃないかな。

実際困ったところ。(調べまくったわけではないので手段はあると思います)

今後の暮らしを考えての加計呂麻移住体験でしたが、

今のところはメイン拠点を島にすることはまだ考えられないという結論に。(私はね)

というよりは「どちらかだけ」に偏るのが気分ではないというのが正確かもしれません。

田舎と都会、行きたい時に行けていいとこ取りをできるライフスタイルがいい。

 

追記:加計呂麻島ではなくて奄美大島の空港近くなら全然住めるとは思う。

この素敵な居場所を見つけてしまったから♬

パラダイスイン

ここ最高です。スタッフの方も最高。

夢紅さんのお食事も最高。シェフ紅さんも最高。

来年は長期滞在しよう!絶対!

 

 

 

 

 


SPONSORED LINK