夫が仕事をやめたいと言った時やめていいよと言った妻の想いとは。

SPONSORED LINK


こんにちは。Osabe夫婦、妻のあいです。

 

ちょーさんが働き始めて早3週間。

働くことの楽しさを感じながら毎朝元気に出勤しております。

その姿に見送る私はにんまり^^

笑顔で出かけてくれるのは嬉しいですもんね。

先日、個人のFacebookでこんなことをつぶやきました。

夫が前職を辞める前に「仕事辞めたいな」とよく呟いていました。 私はその度に「辞めたらいいよー」と返してました。 でも辞めてもいいよと言われるともうちょっと頑張ろうかなと思っていたらしいです。笑 毎朝玄関まで見送るときは「これが…

長部 愛さんの投稿 2017年7月23日

 

この記事はシェアやコメントをくれたり、男性からの反応が多くて新鮮でした。

ここに書いたのは一緒に暮らし始めてからずっと変わらず思っていること。

「男に頼るな。自分で稼げ!」と母に教育されていたため、私は小さい頃からパートナーに食べさせてもらうという選択肢がありませんでした。

そういうのも大いに関係していますが、パートナーが仕事を辞めるかどうかって私にとっては大したことではなかったんです。

自分の分くらいは稼げるし、もしやばくなったら二人分頑張るか!

一緒に居たくなければその時は別れればいいし。

そんなもんです。

「心配じゃないの?不安じゃないの?万が一○○になったらどうするの?」と聞かれます。

そりゃあ心配したり不安になることはいくらでもできるけれど、あんまり具体的に悪いイメージが浮かばないので心配のしようがないというのが実際のところ。

想像力が足りないんでしょうね。笑

だって、読んで字のごとく万が一って10000分の1。

なってみなきゃわからない。

そんなことにエネルギー使うなら目の前の9999の方が大事だな〜、と。

 

 

そして何より一番大切にしたいことは夫ちょーさんと楽しく生きていくこと。

お金も大切。仕事も大切。全部大切だけど、優先順位ってものがありますよね?

彼が幸せそうにしてれば私も幸せ、私が幸せなら彼も幸せみたいなので、これができるならどっちでもいいんです。

働こうが何しようが。

なるべく笑顔を見ていたいし、私自身も笑顔でいたい。

それだけ。

それなら自分のために二人とも笑って過ごせるベストな選択をすればいいと思うんです。

 

 

でも、「仕事を辞める。仕事をしない」ということがどんな時もベストな選択わけじゃないんですよね。

ちょーさんにとっても私にとっても、一年前は辞めることが幸せだった。

でも今は、働くことが幸せ。

いつも同じ答えはなくて、常に常に人間は変わり続けている。

「普通はこうするよね」とか誰かの物差しじゃなくて「今の自分にとっての幸せって?」にアンテナを立ててアップデートし続けていくことが大事だな、なんて思ってます。

 

 

41歳にもなってこんなこと言ってるの甘いって言われるかもしれないけど。

誰の人生でもない、私の人生ですから甘かろうがそれでいい。

周りに迷惑かけるかもしれないけど、生きてる時点で41年間四方八方に迷惑なんてかけっぱなし。

だから今更どうしようもないのでこのままいきます。笑

関係各所のみなさま、こんなんですみません。

これからもよろしくお願いいたします^^


SPONSORED LINK