キャリア女子に告ぐ!もっと男に頼りなさい!

SPONSORED LINK


こんにちは、Osabe夫婦の夫のちょーさんです。

私たちはあまり頻繁にブログを更新していませんが、こういうのを書いたら良いんじゃないという編集会議をして遊んでいます(笑)

こうた
あいちゃん、ブログのタイトルを考えたんだけど!
あい
なになに?
こうた
キャリア女子に告ぐ!もっと男に頼りなさい!どう?どう?
あい
いいね、いいね!それ書いて書いて!(笑)
こうた
ブログ用の写真を撮りに葉山へ行こう!

ということで、この記事のアイキャッチ画像を葉山で撮影してきました(笑)

私の奥さんは元々はアパレル業界でバリバリのキャリア女子でした。

初めて会った時は、とてもキツイ感じがして、正直僕はとても苦手なタイプで、まさかその人とお付き合いして結婚するなんて思ってもいませんでした。

最近妻が、facebookに37歳の時と42歳の時の比較写真をアップしたので、見てみましょう。

 

左は私が自由大学で会うちょっと前に撮影した写真らしいですけどね。

自由大学で会った時はもう少しマイルドになっていましたが、ちょっと前はこんなだったなんて。

怖くて目が合わせられません(笑)

写真で見ると分かる通り?

本人から聞いた話ですけど、妻はアパレル業界でマネージャになって、部下も何十人もいて、結婚に夢を抱かずキャリアを突っ走る・甘えること・頼ることを知らない女性だったらしいです。

それが、今や!

何かあったら、すぐ頼って来ます(笑)

あい
蓋が開かないんだけど、開けてくだされ!
こうた
うんうん、僕がやるよ!
あい
これを取りたいんだけど、取れないから取ってくだされ!
こうた
はいはい、僕がやるよ!
あい
パソコン作業でこれがうまくいかないんだけど
こうた
はいはい、僕が見るから
あい
お風呂入りたいな、入れて来てくだされ
こうた
はいはい、お湯は40度?41度?

他にも色々と頼られますが、僕はある時気が付いたんです。

こうた
頼られるのって、気持ち良いなー!

そして妻の気づき!!

あい
小さなことこそ頼めなかったかも、そんなの自分でやれよと言われるから
こうた
なるほど!それ新しい気づきだね!

僕自信、頼まれるのって気持ち良いと思ったのは妻が初めてな気がするんですが、それって、もしかしたら簡単なことってあまり頼まれたことがなかったのかなあと。

今は妻に簡単なことを色々と頼まれるでしょ。

そうすると簡単だから、僕はすぐできちゃうわけですよ。

そして、感謝される。

ありがとうと言われて気持ちがよい。

頼んだ妻も、やってもらって、満足。

二人ともハッピー!!

そういうのが何回も繰り返されると、男性の自己肯定感が高まります!

キャリア女子とか関係なく、男性に甘えられない・頼れない昔の妻みたいな方へ伝えたかったのは、自分で簡単に出来る小さなことこそ、もっと男に頼ってやってもらいましょう!ということ。

ではではー、ちょーさんでしたー

 

 

 


SPONSORED LINK

ABOUTこの記事をかいた人

職業はシステムエンジニア ニックネームは、「ちょーさん」 2016年8月に約11年間勤めた会社を辞めて、ただいま無職生活満喫中。 新しい働き方と生き方を模索中の海が大好きなエンジニア。 最近の好きな言葉は「決めた未来しか実現しない」と「不安と友達になる」