【加計呂麻島プチ移住】恥ずかしがり屋で人見知りの僕が販売のお手伝いをしてきました!

SPONSORED LINK


こんにちは、Osabe夫婦の夫です。

 

昨日11月13日は加計呂麻島ハーフマラソン大会でした。

 

島外からも島内からもスタート地点の瀬相港には沢山の人が集まって来て、瀬相にこんなに人が集まっているのは初めて見ました(笑)

 

15060228_1069384766493594_467811780_o

 

カンボジア国籍を取得した猫ひろしさんもゲストでいらっしゃってました。

15036401_1239295746127760_3573264471523425178_n

 

そして、我々夫婦はランナーとしてではなく、お茶の販売のお手伝いをしてきました。

 

妻は新卒からアパレル業界に入り、販売のプロです。

 

それに対して、僕は学生の頃からアルバイトは裏方ばかりでコンビニのバイトとかも避けてきたので、44歳にして初めて販売を経験です。

 

元々、僕は恥ずかしがり屋で人見知りです。

 

この話を頂いた時も

 

こうた

販売の声出しとか恥ずかしいし嫌だなあ、気が進まないな

 

と後ろ向きでしたが、

 

一度物が売れると楽しくなり、お茶販売の隣のビール販売を手伝ったりと積極的に声出しをして結構楽しめました。

 

今回の販売のお手伝いで楽しいことは何でしたか?

人って苦手だなあと思うことは自ら進んでやらないですよね。

 

僕もそうです。

 

苦手だなあと思うことが降ってきたら、何かしら言い訳を作って避ける傾向があります。

 

しかし、とりあえず引き受けてみると、今まで味わったことがない楽しさが発見出来るものです。

 

今回のお手伝いで楽しいと思ったこと

 

物を売る => お客様から直接、対価としてのお金を頂く。

 

今まで、お金を直接お客様の手から頂くという仕事を経験したことがなかったので、そこが凄く新鮮でした。

 

因みに今回のお手伝いの報酬は、焼きたてのお芋が二個と淡麗が二つ(笑)

 

バイト代は頂いておりませんが、バイト代以上に楽しい経験が出来たことが僕にとっては良かったことです。

 

恥ずかしがり屋で人見知りのOsabe夫婦の夫に何かやらせたい仕事があるという方がいらっしゃいましたら、コメント蘭やお問い合わせからメッセージ下さい。

 

因みに僕が得意なのは、整理整頓と断捨離です。(本業はシステムエンジニアだけど)

 

物が捨てられなくて困っている人、僕が容赦なく捨ててあげますよー!(笑)


SPONSORED LINK

ABOUTこの記事をかいた人

職業はシステムエンジニア ニックネームは、「ちょーさん」 2016年8月に約11年間勤めた会社を辞めて、ただいま無職生活満喫中。 新しい働き方と生き方を模索中の海が大好きなエンジニア。 最近の好きな言葉は「決めた未来しか実現しない」と「不安と友達になる」