「海の上の歩き方」〜 三浦半島のシーカヤックツアーに参加してきました!

SPONSORED LINK


こんにちは、ちょーさんです。

GW後半、「海の上の歩き方」さんの三浦エリア1Dayツアーに参加してきました。

「海の上の歩き方」を主催しているのは楠項太さん。

漢字で書くと硬いので、いつも通りコータさんとします。

コータさんとは、最近海で遊ぶよりも一緒にお酒を飲むことの方が多いです。

海で遊ぶのは8ヶ月ぶりくらいでしょうか。

1ヶ月に一回ぐらいは、コータさんのフィールドの逗子じゃなくて清澄白河や門仲の居酒屋または我が家で飲んでいるかもしれません(笑)

コータさんは、ツアーガイド中も色々なお話をしてくれてツアー参加者を飽きさせません。

凄く話す方です。ずーっと話しています。

最近、僕は本人には直接言いませんが、コータさんのことを「美しすぎる○○○」を真似て「しゃべりすぎるシーカヤックガイド」と呼んでいます(笑)

妻は海の上で一度、「コータさん、喋りすぎ!」と言ったみたいです(笑)

先日のツアーのことを書く前に、まずコータさんとの出会いを振り返ってみたいと思います。

楠コータさんとの出会い

僕は、コータさんのことが大好きなんです!

勝手に、兄貴分として慕っております(笑)

そんな、コータさんと出会ったのは、2013年の9月頃なので今から約4年前です。

西表島でシーカヤックの楽しさにはまり、東京に帰ってきてからカヤックのスキルを磨くためにコアアウトフィッターズさんでシーカヤックのスクールやツアーに参加しだしたのが丁度その頃でした。

その当時、コータさんは丁度お仕事を辞めたばかりで、週末だけコアアウトフィッターズさんで、ガイド業のバイトをしていたのでした。

週末ガイドをしているというコータさんでしたが、僕が初めてコータさんにお会いしたのは平日のプライベートツアーでした。

コータさんは、お仕事を辞めて暇だったから急遽ガイドに抜擢されたのでしょうか?

運命の出会いに感謝です。

初めてお会いした時の第一印象は、髪の毛がモジャモジャしている人だなーと

なんでも、周りからは「モジャ様」と呼ばれているとのこと

納得です(笑)

そして、漢字は違うが名前が一緒!!

その時の海でのガイドも最高に楽しかったのですが、それよりもお昼休みに上陸して、お話を聞いている時間がとても面白かったのです。

話中に出てくるキーワードが全て、え? 何ですって?と聞き返したくなるものばっかり(笑)

「お友達と立ち上げた会社の役員にまでなったけど、会社の目標が単に売り上げをあげることだけで、それが自分の方向性と合わなくなって辞めた」とか。

役員を辞めてシーカヤックのガイドをやっているんですか?(ちょーさんの心の声)

「仕事を辞めると、周りはお金に困るよね、生活に困るよねと言ってくるけど、本人は本当にそうなのかと思っていた」とか。

仕事を辞めてもすぐに困ることはないのかー(ちょーさんの心の声)

「仕事に縛られて、住みたいところに住めない人が多いよね」とか

そうそう、そうなんです、仕事が第一になって、住みたいところに住めない!(ちょーさんの心の声)

正直、海のツアーよりも休憩中にコータさんと働き方・暮らし方・生き方に関して雑談をしている時間の方が何十倍も濃かったんです(笑)

もちろん、海のツアーも楽しかったですよ!

そのときから、僕は楠コータさんの大ファンになり、次またコータさんとツアーで会えるのはいつかな?いつかな?と楽しみにしておりました

完全に恋愛しているときの心理状態と一緒です。

一人片思い状態です(笑)

海の男コータさんですが、陸に上がると弱いです。

陸というよりは都会に弱いのか。

海の上では迷いませんが、陸の上ではスマホのナビを持っていても道に迷います(笑)

酔っ払うと「しゃべりすぎるガイド」が加速して、本当ずーっと話しています。

人に話す隙を与えません(笑)

面白い話だからいいんですけどねー!

コータさんの名言

コータさんと海に出ると、シーカヤック漕ぎながら色々と雑談するんですね。

その中でも忘れられない名言があります。

コータさんが会社を辞めて1年か2年ぐらい経ったころでしょうか。

シーカヤックで海をお散歩しているときのことでした。

 

コータさん

ちょーさんさー、世間はワークライフバランスとかって言うでしょ?

でもさ、最近、俺はライフばっかりだから、そろそろワークしたくなってきちゃったよー

 

ちょーさん

(爆笑)

ワークライフバランスで、ライフに偏った方からの名言

やっぱりバランスって大切なのかなと、この時思いました。

今の僕もライフばっかり。

もう少ししたらワークしたくなるのかもしれません(笑)

一人でも多く大好きな海へ連れて行きたい

会社役員から週末シーカヤックバイト、そして逗子でフルタイムのシーカヤックガイドを務めて、今年の3月に独立したコータさん

独立したのは、生涯現役でシーカヤックガイドをやっていたかった。管理職になどなりたく海に出たかったからとのこと。

一人でも大好きな海へ連れて行って海を楽しんでもらいたいと仰っていました。

ビールを飲みながら、独立したコータさんに「10億円あったらの思考実験」をしてみました。

そしたら、仮に10億円があってもシーカヤックガイドはやっていたいと。

本当にコータさんは海がそしてガイドが大好きなんだなあ。

海の上の歩き方

そんなコータさんが(どんなコータさんだ?)今年の3月から独立し「海の上の歩き方」という屋号でシーカヤックガイドを始めました。

5月になって気温も上がってきたので、妻とお友達の町田さんの3人でコータさんのツアーに参加してきました。

久しぶりのコータさんとのシーカヤック!!楽しかったですよー!!

コータさんは、今のところ固定されたお店・拠点を持っていません。

お店を持っていないデメリットは色々あるとは思います。

メリットは、車にシーカヤックを積んで、その時々の状況やリクエストに応じて、カヤックを出す場所を変えることができることです。

これは非常に大きなメリットです。

たぶん逗子・葉山・三浦半島でお店を持たずカヤックガイド業をやっているのはコータさんだけかもしれません。

例えば、今日はここのポイントだと風が強くてカヤック出せないから、こちらから出そうとかというのが出来てしまうんです。

臨機応変に、出艇場所を変えることが出来るのはとても大きなメリットです。

でもシャワーとか着替える個室はないんでしょ?

その通りです。

着替える個室はありませんが、ポンチョとか簡易更衣室を車を利用して作っているので着替え問題はクリアーです。

シャワーは今のところありませんが、ここも改善していく予定とのこと。

コータさんの作るアウトドアランチが、とても美味しいんですよー!

今回のツアーでは、「チキンのバスク風煮込み」というのを作ってくれました。

とても美味しかったです。

ツアーの詳しいことを書こうと思いましたが、詳細はご本人の下記ブログご覧ください(笑)

ここまで読んで、楠コータさんに興味を持った、そこのあなた!

シーカヤックが楽しい季節が始まりましたので、少しでも興味があったら海の上の歩き方さんへご連絡してみてはいかがでしょうか?

コータさんが、とても素敵なフィールドへ連れて行ってくれますし、また色々と面白いお話をしてくれるのでオススメです。

僕はコータさんのことが大好きなので、これからもツアーに参加して応援したいと思いますー!

機会があればOsabe夫婦と行くシーカヤックツアーとかもやってみたいですね。

みなさま、「海の上の歩き方」さんをよろしくお願いしまーすー!

 


SPONSORED LINK

ABOUTこの記事をかいた人

職業はシステムエンジニア ニックネームは、「ちょーさん」 2016年8月に約11年間勤めた会社を辞めて、ただいま無職生活満喫中。 新しい働き方と生き方を模索中の海が大好きなエンジニア。 最近の好きな言葉は「決めた未来しか実現しない」と「不安と友達になる」