【加計呂麻島プチ移住】島の買い物事情

SPONSORED LINK


加計呂麻生活4日目。

こんばんは。

すっかり掃除夫婦のイメージができ上がったOsabe夫婦です。

 

 

今朝も早くからお借りしているお家のカーテンや玄関マット、スリッパなど諸々をお洗濯。

2日間ガス台の強力な油汚れと格闘し、「やっぱり重曹が無いと始まらん!」というちょーさんの一言で買い出しの旅が決定。

バスとフェリーを乗り継ぎ片道1時間かけて本島の古仁屋港まで行ってきましたよ。

 

 

何回も言いますが、重曹をゲットするために往復2時間です。

折り返してくる次のフェリーは2時間半後です。

単純計算でも4時間半。

他人の家のガス台をきれいにするためです。。。。

 

 

加計呂麻島にはコンビニやスーパーやドラッグストアはありません。

簡単な食料は島内でも手に入るけど、日用品に関してはだいたい皆さん生協とか島外のスーパーから宅配してもらっているようです。

 

 

私たちは今日すぐに欲しかったので、奄美本島まで足を伸ばしたというわけ。

 

 

まあ、でもね大変とはいえ

今日はやっときれいなブルーの海が見られて最高!

これですべてチャラ。

img_8545

 

東京人からしたら港でも十分美しい。

そして久しぶりの”町”にウキウキ。

フェリーに乗って爽やかな風を受けて、やや”掃除鬱”になりかけた心も晴れやかになりました。

 

 

 

さてさて

我が家の重曹隊長は家に帰ってさっそく動きます。

五徳を重曹入りのお湯で煮始めました。大きな鍋で1時間煮ます。

 

 

 

 

 

 

 

1時間後、ゴシゴシゴシゴシゴシゴシ金たわしでこすり続けます。

 

 

どうにも取れない積み重なった油の層にはスプーンの柄を使ってました。笑

ナイス創意工夫!

 

 

五徳は2つ。

この戦いは夜まで続きます。背中を丸めて汗だくで格闘しております。

戦う男の背中。

 

 

そしてついに、、、、、、、

 

 

キター!

ピッカピカーーーーーーーーー!!

ちなみに、↓下の写真が重曹で煮る前。

これでも洗剤つけて半分くらい汚れ落したんだけどね。

 

 

あああああああ

ちょーさん、ありがとう!!

これで綺麗な台所で心置きなくご飯が作れるよ♡

 

 

ここ数日、簡単調理で炭水化物ばかりだったので野菜だらけの晩酌おつまみ。

img_8588

ちょーさん、おつかれさま。乾杯。

 

 

 

明日は洗面所をよろしくね♡(鬼嫁より)


SPONSORED LINK

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

「好きなときに、好きな場所で、好きな人たちと好きな仕事をする」ことが目標。 現在はパーソナルスタイリストとして活動中。