お金と仕事の不安を抱えながらスウェーデンへ向かった夫の話

SPONSORED LINK


こんにちは、ちょーさんです。

最後の投稿が先月の6月12日ですから、約1ヶ月ぶりの投稿です。

1ヶ月前の6月16日に僕たちはスウェーデンへ向かったので、今日でちょうど一月経ちます。月日が経つのは本当に早いですね。

妻がスウェーデン旅行のことを色々と書いているので、今更僕が書くことはあまりないのですが、旅行前の気分を自分の備忘録のために書いてみます。

さて、この1ヶ月の間、色々とありました。

なんと言っても大きなニュースは、僕の貯金が文字どおり底をついたこと。

そして、7月10日から約1年振りに働き出したことでしょうか。

これに関しては、別途書くとして、まずは旅行のことを振り返ってみます。

テンション低めでスウェーデンへ向かう

ハワイ島旅行の時もかなりテンション低めでハワイ島へ向かい、そして最高に楽しい気分を現地で味わいました。

今回もかなりテンション低めでした。

もやもや全開です!(笑)

そのことをfacebookに投稿したので、引用しておきます。

今回テンション低かったのは、ここにも書いてある通り漠然とした将来への不安です。

具体的には、お金と仕事のことを色々と考えて、もやもやしていました。

貯金が底をつくから働かないといけない。

でも働きたくない。

本当のところは、働き始めるのが怖いというのが正直な気持ち。

そうなんです。

怖かったんです。

僕は仕事をせず毎日家に閉じこもって本を読んだり、カフェへ行って勉強をしたりしていました。

でも、もうそういう生活が嫌になっていて、全然満たされてなかったんです。

そして、どんどんお金が減ってくると、時間はあるけどお金がないからやりたいことが出来なくなってきました。

だったら働けばいいのではないかと思うのですが、働かなかったんですね。

もうねー

もやもやしているんです。

全力でもやもやです。

負のループです(笑)

そんな、もやもやがどんどん大きくなって、とうとう働かなきゃならない日がやって来ました。

嫌だな、でもこのままでも幸せじゃないなの繰り返し。

こんな状態で旅行前日を迎えましたからあのような投稿をしたんだと思います。

働こうと決意

先ほどのfacebookへの投稿が旅行前日なので、6月15日

その日に働こうと決意して、facebookへ仕事募集という投稿をしました。

そしたらなんと、色々なところから声をかけて頂きました。

正直びっくりしました。

ありがたいことに昨年辞めた会社からも声をかけて頂きました。

本当、ありがたいことです。

時系列としては、こちらの仕事をするぞ宣言をしてから、一番最初のもやもやな気持ちをfacebookへ投稿したのでした。

仕事をすると決意して、仕事募集をしたら色々なところから声がかかって。

ありがたい言葉をかけられて、感動して泣きました。

旅行はどうでしたか?

凄くもやもやな気持ちを抱え、ハワイ島同様にかなりテンション低めで向かったスウェーデン旅行でした。

旅行どうでしたか?

一言で言うと最高でした!(笑)

もう本当に最高の旅行でした。

旅行前のもやもやしていたのが嘘のよう(笑)

実は前日まで、行きたくないなと思っていたんです。

僕だけ日本に残ろうかななんて思っていたんです。

ところが!

行ってみたら、もー最高。

妻のお母さん、お兄さん、妻そして僕の初めての4人旅は最高に楽しいものとなりました。

本当に行ってよかった。

お母さん、お兄さん、最初から最後までお世話になりました。

ありがとうございました!感謝・感謝です!

旅行前、どうしようもなく気分が落ちていたけど、お母さん、お兄さんと一緒に行けてよかったです。

最高の思い出です。

僕は昨年7月会社を辞めた時は、ハワイ島へ旅行に行くのも想像していませんでしたが、大好きな北欧へ行けることも全く想像していませんでした。

なんて自分は幸運なんだろうか。

妻が既に書いておりますが、お兄さんがairbnbで手配してくれたお家も、そのお家の周りも素敵すぎて、また来年、今度は1ヶ月くらい宿泊したいと思いました。

住環境が素晴らしい

今回の旅行中、何度、住環境が素晴らしいと思ったことか。

僕たちが滞在していたHammarby Sjöstad(ハンマルビー・ショースタッド)の街は持続的開発をテーマに取り組んでる再開発地区らしいのです。

滞在したお家にの集合ゴミ捨て場所には、生ゴミ用のコンポストがあったりして、もうそれだけで凄くいいねと思いました。

センスあるなー自分もそういうお家に住みたいなーって。

集合住宅のひとつひとつは色々な色をつかっているのですが、街全体としては調和がとれているのが、とても不思議に感じました。

都市計画のグランドデザインがしっかりしているから?

徹底して会話・コミュニケーションを通して、街づくりに関して合意形成をしているから?

こんなお家やお家がある街に帰ってくるはとても気持ち良いだろうなと思ったものです。

facebookに投稿したこちらのような家が沢山あるんです。

僕はこのお家を見た時、あまりにも素敵すぎて興奮しちゃいました。

子供連れのお父さんが多い

街を散歩していると凄く目につくのが、子供をベビーカーに乗せたお父さん多いこと。

男性が育児に参加するのは当たり前で、男性・女性に関わらず一年間ぐらい育児休暇を取得できる法律なのだそうです。

凄いタトゥーが入ったスキンヘッズでプロレスラーかというようなお父さんが赤ちゃんを抱いてビールを飲んでいる光景が印象的でした(笑)

イクメンなんて当たり前すぎて話題にもならないんでしょうね。

 

ローゼンダール ガーデンで今後のことを語る

ローゼンダールガーデンというとても素敵なお庭に行ってきました。

このお庭のことを妻が書いているかなと思ったけど書いていないですね。

お庭の詳細は、妻に任せよう!(笑)書いてくださいねー

ところで、とても素敵な素敵なお庭で今後のことを二人で語りました。

この動画も全体的にもやっとしていますが、宜しかったら見てください(笑)

そろそろまとめ。

スウェーデンまた行きたいです!

来年は今回滞在した街に1ヶ月間ぐらい滞在して、そこからリモートで仕事が出来るようにすると決めました(強気だ!)

結論としては、やることと決めること。

もしくは、やらないと決めること

どちらでも良いのですが決めないと先に進まないのですよ。

当たり前ですよね。

当たり前なんだけど、決められなくてもやもやすることが多いんですね。

この習慣を直していかないとね。

さてと、とりあえず旅行記はこれにて終了。

また思い出したら追記しますね!

またねー!


SPONSORED LINK

ABOUTこの記事をかいた人

職業はシステムエンジニア

ニックネームは、「ちょーさん」

2016年8月に約11年間勤めた会社を辞めて、ただいま無職生活満喫中。

新しい働き方と生き方を模索中の海が大好きなエンジニア。

最近の好きな言葉は「決めた未来しか実現しない」と「不安と友達になる」