一年間無職だった僕が仕事を見つけた方法

SPONSORED LINK


こんにちは、Osabe夫婦の夫のちょーさんです。

 

7月10日から1年ぶりに働き出して、早いもので約2ヶ月が経ちました。

 

ブログを書こうと思いながら途絶えてしまうと最初の一歩を踏み出すのが大変ですね。

 

何事も二人で踏み出せば怖くないということで、今日は夫婦二人で久しぶりにブログを書こうと決心して、ただいま、もくもくとブログを書いています(笑)

 

テーマを何にしようか色々と悩みましたが、今回は無職だった僕がどうやって仕事を見つけたかを記録として残しておきたいと思います。

 

6月末で家賃とか保険とか諸々を支払ったら貯金が底をついてしまうので、仕事を探さなければと思い、スゥエーデン旅行の前日である6月15日にfacebookへ以下のような仕事募集しますという投稿をしました。

 

 

facebookをやられていない方向けに全文を書いておきますね。

 

【仕事します!】
明日からスゥエーデン旅行ですが、今月で貯金が底を尽きそうなので、仕事を探します。
 
仕事募集中です。
 
キーワードに当てはまらないものでもOKです(笑)
 
とりあえず働かないとー
 
キーワード:Java,JavaScript,DB,サーバーサイド開発,大規模ECサイト開発経験あり,スクラム開発経験あり,教えるの得意かも

6月15日のfacebookでの投稿

 

そしたら、なんと有難いことに、コメントや個別のメッセージで、以前一緒に働いたことがある方、友人、知人などから仕事しませんかというオファーをトータル8件ぐらい頂きました。

 

そして、翌日6月16日、羽田でスゥエーデン行きの飛行機を待っている時に、前々からとても良いことやっている会社だなあと思っていたソウ・エクスペリエンス株式会社の社長の西村琢さんから旅行から帰ってきたら一度会って話しませんかというメッセージを頂きました。

 

実は前日にWantedlyでソウさんのエンジニア募集の記事を読んでいたんですね。いいなーと思いながらも、でも僕が経験したことがない技術が必須だから無理かなと思っていたら、なんと会社の代表からメッセージが来て、超びっくりしました(笑)

 

それが縁で7月10日から僕はフリーランスという形でソウさんで働いております。

 

我々夫婦と琢さんとの出会いですが、3年ぐらい前に妻が自由大学のクリエイティブ創業スクールの女性起業家コースという講座を受けていて、そのゲスト講師として琢さんがお話に来られていて、それが最初の出会いでした。まだこの時点では僕は会ってません。

 

その後夫婦二人で、モーションギャラリーの森の再生と里山づくり「森と畑の学校」を応援するというプロジェクトを夫婦二人で支援しました。

 

そのリターンとして西麻布にあるフレンチで超有名なレフェルヴェソンスのスタッフの方々のお料理を湘南国際村の畑で頂けるという最高なイベントで、琢さんの奥様の知恵さんに出会い、それがきっかけで、知恵さんが主催しているファームキャニングという農業体験スクールに昨年1年通うことになり、僕はそこで初めて琢さんと出会いました。

 

僕が琢さんに初めて出会ってお話したのは1年前でして、1年前、僕は琢さんの会社で働いているなんて想像も出来ませんでした。

 

人生って何が起きるか本当に分からないですし、分からないから不安で潰されそうになるときもありますが、分からないから面白いんでしょうね。

 

今回僕は、フリーランス向けの求人サイトに職務経歴書をWebで登録しましたが求人サイトには一切応募していません。

 

SNSで呼びかけてみたら、色々な方からお仕事に関してメッセージを頂きました。

 

SNSやブログで情報を発信して良かったなと思いました。

 

私に声をかけてくれた皆さま、本当ありがとうございました。

 

感謝でしかありません。

 

そして、働く場所を与えてくれた西村琢さんには本当感謝です。

 

ただいま、僕は今まで経験したことがない技術を楽しみながら毎日仕事をしています。

 

ありがとうございます(^^)

 

人との出会い・色々な体験で人生は変わります。

 

僕は本当にそう思います。

 

今回の仕事だけでなく、僕にシーカヤックや海遊びの楽しさを教えてくれた兄貴分がいなかったら、加計呂麻島に50日間住んだり、ハワイ島でイルカと泳いだりという体験はしてなかったと思います。

 

人との出会いを大切に。そして、やりたいと思ったことは怖くても自分の直感を信じて動くこと。

 

僕は怖がりです。物凄く怖がりだと思います。

 

今回色々な仕事のオファーを頂いた時も一年間働いてなかったから、最初の一歩を踏み出すのは物凄く怖かったです。

 

怖かったけど、直感を信じて動いたら今、楽しく働いています。

 

怖かったけど、一歩踏み出したことに関してはまた別の記事で書きたいと思います。

 

ではではー


SPONSORED LINK

ABOUTこの記事をかいた人

職業はシステムエンジニア ニックネームは、「ちょーさん」 2016年8月に約11年間勤めた会社を辞めて、ただいま無職生活満喫中。 新しい働き方と生き方を模索中の海が大好きなエンジニア。 最近の好きな言葉は「決めた未来しか実現しない」と「不安と友達になる」