妻が語る!退職後9ヶ月の話 その2

SPONSORED LINK


どうも、こんにちは。Osabe夫婦、妻のあいです。

前編はモヤモヤムード満載でいたが、さてさて後半戦です。

長いですよ〜。笑

2016年8月 退職5ヶ月

ちょーさんが7月末で退社。毎日家にいる。常に一緒。結婚して初めての経験です。

のんびり散歩できる。ごはんをいつも一緒に食べられる。昼間っからビール飲める。次の日を気にせず過ごせる。

楽しい!!!

あまりにも一緒でケンカするかと思いきや全然。私はまったく一緒にいることが苦じゃなくて自分でもびっくり。

でも、ちょーさんは「一人になりたいな」と思ってたようです。後日聞かされました。

私は4月から散々ひとり時間を楽しんでましたからね、ちょーさんの気持ちもわかります。

でも、だったらその時そう言えばいいのに〜!と思ったけれど、それがちょーさんの優しさなんですよね。一人になりたいと言ったら私が嫌がると思ったのでしょう。

全然嫌がりませんけどね。笑

8月後半は秋田の大曲の花火を観に行きました!この花火は内臓に響きました!文字通り中から揺さぶられたんですよね。

一発目を見た瞬間、「来年も連れてきてください!」と叫んだくらい。

これも不思議なご縁が始まり。友人に「秋田の大曲の花火観に行かない?」と声をかけられました。4日間の日程。二人とも無職。もちろん、チョーひま。「行きます!」と即レスをして行くことになりました。

あの時乗っかってよかった。花火もすごかったし、人との出会いもものすごくスペシャルだったのです。

大曲を後にして皆さんと別れ、ちょーさんと二人仙台〜黒磯〜東京とのんびりバス&鈍行の旅をしました。これが楽しかった!!後に続く二人旅の始まりです。

8月はメンタル絶好調!でも、やりたいことは全然見えてきません。。。。

こういうことやってみない?できるんじゃない?と提案されてそんな気になっても、結局何にも頭が回らないし全然ワクワクしない。

これは、、、、、、今じゃない!まだやりたくない。何にも考えたくない。遊びまくりたい。

この辺からは感覚で「今じゃない」とかわかってきてたな。むしろモヤモヤ期を脱して吹っ切れてた感じです。

もっと自分を満たそう。自分が楽しいことをしよう。お金はそのために使おう。

楽しい!!好きだ!と感じることをたくさん経験したからこそ「もっとこんな時間を持ちたい」「もっとたくさん楽しみたい」と素直に思えていました。やっと、自分の好きなことが見えてきたんです。

5ヶ月です。これがわかるのに。どんだけ蓋してたんだよ。どんだけ自分に鈍感なんだ。

2016年9月 退職6ヶ月

8月、9月はよく我が家に友達が遊びに来てくれた。

ちょーさんも私も常にいるし、10月から1ヶ月留守にすると伝えていたら「今聞いておかないと!」という感じでちょーさんの元にはPCの相談がよく舞い込んでいたっけ。

ちょーさんのPCスキルと私のお手製ランチがセットになった【お友達限定PC講座】

なかなか好評で、こういうのを夫婦で仕事にしてもいいな〜?なんて思って「もっと宣伝しようよ!」と言ったたけど、実はちょーさんはあまり乗り気ではなかったそうです。(これも後日談)

それもそのはず。私だって辞めて2ヶ月なんて次の仕事を考えるなんて絶対嫌だった。

無職であることにどんどん慣れ、むしろ楽しく元気になる嫁はそこを推し量れずにいたのでした。

9月後半は夫婦でずっと行きたかった福岡県糸島市へ。友人を訪ねて。

この旅もよかったんだ〜〜〜〜〜 年上の友人たちに愛情と勇気を頂きまくったのでした。

(このブログを始める以前の旅日記もまた別記事で記録しておこう)

この辺は、だいぶテンション高かったな。次の月からの加計呂麻滞在も目の前でワクワクが止まりませんでした。

お金のことは確かこの辺でちょーさんとお互いの残高を始めて公開し、あと何ヶ月働かずにやっていけるかを計算したかも。

で、来年の5月まではいける!という結論に達し「よーし!遊ぼう!」ということになりました。

ここで私たちのいけないところ。5月までいけても6月の糧は無いよ、ということを考えてなかった。笑

2016年10〜11月 退職7ヶ月〜8ヶ月

9月後半から10月前半にかけて、懲りずにチャレンジしたことがありました。

前半記事で書いた『発熱&首が回らなくなった事件』のプロジェクトをリベンジしたのです。笑

この頃は精神的にも落ち着いて変な焦りもなく「ま、いっか」と余裕が生まれていました。

あの時は辛すぎて「私には向いてない。もう二度とこのお仕事は受けまい」と心に誓ったのですが、中途半端な出来がずっと心に引っかかっていて気持ち悪かったんですよね。

私はなんてダメなんだ。でも本当はあんなもんじゃない。私はもっとちゃんとできるのに、と。

これは完全に仕事スイッチが押されてます。笑

そんな時にタイミングよく再度お声をかけていただいたので「リベンジします!」とお引き受けしました。

結果は、はなまる🌸 

「すごいね!今回は修正ほとんど無しだよ!」とお言葉をいただきガッツポーズです。

期限は守れない女なので遅れましたけどね(ダメじゃん)

この時に思ったのです。自分の満たされ感が全てを決めると。

この仕事が向いてないわけじゃなかった。それをする準備が自分にできていればすんなり事は進む。力が出せる。

何かうまくいかない、ブレーキがかかる、というのは「今は」やる時期(こと)ではないという印なんじゃないか。

そうそう。私がダメなわけじゃない。単にやるべきタイミングじゃなかっただけ、ということ。

この出来事からは、「もうやだー!」と思ったことでも、状況が変われば再度トライするのもアリという教訓を得ましたね〜

自分の可能性を狭めないで済みました。

中旬からは加計呂麻島にプチ移住。

休暇でしか訪れなかった場所に借りぐらしできるなんて!今考えてみてもすごい。自分たちの強運具合にビビります。綺麗な海のことなどは過去記事をどうぞ♬

ブログをスタート。

結婚してからずっと言っていた「夫婦で何かしたいよね」ということがようやく形になった。

この頃から今まで以上にちょーさんとの会話が増えた。

どう生きていくのか?どう働くのか?どこで暮らすのか?お金はどのくらい必要か?自分たちには何ができるのか?

私たちは何がしたいのか?

そして初めて、慣れない土地での生活で私たちはギクシャクし、お互いに気分を害した。

なぜこんなにイライラしてるんだろう。

なんでかみ合わないんだろう。

今まであんなにうまくいってたのに。

ああ、また長くなってしまった

前後半にしようと思ったのに。続きはこちらへどうぞ!

 


SPONSORED LINK