【加計呂麻島プチ移住】いつもの桟橋でスーパームーンを見る

SPONSORED LINK


こんにちは、Osabe夫婦の夫です。

加計呂麻島に滞在して34日目の11月14日、我々夫婦が夕日を眺めているいつもの桟橋から、スーパームーンを見ました。

この日、関東では雨で見えなかったみたいですが、奄美大島ではスーパームーンを見ることが出来ました。

写真では、迫力が伝わらないですね。

綺麗な月が少しずつ少しずつ山の裾野から出てきたんです。

感動でした。

いつもなら18時過ぎたら海岸に立ち止まる人などいませんが、この日は立ち止まり月を見入っている人が数人いました。

この日は旧暦の10月15日、日中はまだ暑かったです。

妻はfacebookを使ってスーパームーンのライブ配信をしていました。

僕はその横でイカ釣りをしていましたが、全く釣れませんでした。

薩川小学校の先生に聞いたら、月の明かりが明るすぎてこんな日は釣れないだろうとのこと。

68年ぶりのウルトラスーパームーンを加計呂麻島で見ることが出来たなんて、やっぱり我々夫婦はラッキーだなあと思った次第です。


SPONSORED LINK

ABOUTこの記事をかいた人

職業はシステムエンジニア ニックネームは、「ちょーさん」 2016年8月に約11年間勤めた会社を辞めて、ただいま無職生活満喫中。 新しい働き方と生き方を模索中の海が大好きなエンジニア。 最近の好きな言葉は「決めた未来しか実現しない」と「不安と友達になる」