スタンドアップパドルボードから学ぶ男女の出会いの法則

SPONSORED LINK


こんにちは、Osabe夫婦の夫ちょーさんです。

スタンドアップパドルボード(以下 SUPと略)ってご存知ですか?

写真のようにサーフボードより大きいボードとパドルを使って海の上を散歩する遊びです。

海の上の散歩ってすごく気持ちいいんです。

シーカヤックでお世話になっていたコアアウトフィッターズさんで、私たち夫婦がSUPを始めたのは3年前の夏でした。

最初SUPに乗った時は、海に落ちたくないという気持ちがとても強くボードを安定しようとすればするほど、肩や足に力が入ってしまい、ボードが不安定になってしまって、ちょっとした波をボードにくらうとびくっとなってしまうい、そして海にどぼんと落ちます!(笑)

でも不思議と一度海に落ちると、吹っ切れて

海に落ちるのも気持ちいいやと思うと力が抜けてボードが安定します。

不思議ですねー

「安定」を求めると「不安定」がやってくる。

これはもしかしたら恋愛でも同じなのかもしれません。

妻と出会う前、僕は何度も恋愛に失敗し、その度に「女って面倒だな、もう一人でいいよ」と
思って大変こじらせていたのが2013年頃でした。

その頃、僕はシーカヤックというマリンスポーツを始めた頃で、とにかくカヤックで遊ぶのが楽しくて楽しくて。

海が僕の恋人と思っていました(笑)

恋愛なんかよりシーカヤックの方が楽しいと思っていたら、

なんと、その年の夏に全くタイプでない妻と自由大学で出会いました(笑)

因みに妻も僕は今までのタイプでないみたいです。

「安定」を求めると「不安定」がやってくる。

この法則を無理やり男女の出会いに当てはめると

「出会い」を求めると「出会い」がやってこない。

「出会い」を求めないと「出会い」がやってくるのかもしれません。

または、「今まで自分が思っていた好きなタイプと出会いたい」を手放すと

「今までのタイプじゃないけど素敵な出会い」がやってくるのかもしれません。

今まで執着していたことを手放した瞬間、新しいものがやってくるのかもしれませんね。

今日の質問:
あなたが手放したくないことは何ですか?


SPONSORED LINK

ABOUTこの記事をかいた人

職業はシステムエンジニア

ニックネームは、「ちょーさん」

2016年8月に約11年間勤めた会社を辞めて、ただいま無職生活満喫中。

新しい働き方と生き方を模索中の海が大好きなエンジニア。

最近の好きな言葉は「決めた未来しか実現しない」と「不安と友達になる」